右サイドからの光です。凹凸が強調され立体感のある写真になります。

朝や夕方、窓辺に見られる光です。被写体(モデル)にあわせてやや斜め前方の光を見つけると良いでしょう。